耳鳴り 病気

耳鳴りと病気

耳鳴り,難聴,病気,症状,治療

耳鳴りを伴う病気は一つや二つではありません。耳鳴りを伴う病気は沢山あります。耳鳴りとは耳以外に障害がある場合にも起きることがあります。

 

耳鳴りの症状を感じている人のほとんどが難聴も伴っていますが、難聴の人が耳鳴りを必ずしも伴うとは限りません。聴力に問題がない人でも耳鳴りが聞こえることがあります。

 

耳鳴りを伴うものとしては、加齢による老人性難聴があります。この老人性難聴は病気というわけではありません。同じく難聴で耳鳴りを伴うものとしては、突然起きる突発性難聴、大きな音を聞いたことで起きる難聴などがあります。

 

疲れやストレス、精神的なことが原因のメニエール病、聴神経腫瘍、急性低音障害型感音難聴も耳鳴りを伴います。

 

交通事故によって耳鳴りを起こすこともありますし、薬物の副作用による耳鳴り、血管性耳鳴り、筋肉の摩擦による耳鳴りもあります。遺伝する難聴による耳鳴りも病気の一種です。
このように、病気を伴う耳鳴りには沢山種類があります。耳鳴りの症状が現れた場合には何らかの病気が原因である可能性もあるので、早めに医療機関へ行きましょう。


耳鳴りと病気の治療

病気によって引き起こされる耳鳴りの治療は、病気の種類によっても違ってきます。加齢が原因で起きる老人性の難聴の場合には病気ではありませんが、遺伝的な物が関係していることもありますし、生活環境が原因で起きるケースもあります。

 

老人性難聴は治療の対象となることはあまりなく、補聴器を薦められるのが一般的と言えます。耳鳴りを伴う病気としてメニエール病が有名ですが、めまいや耳鳴り、難聴を繰り返す症状が一般的です。これは、内耳の中にリンパ液がたまりすぎたことで起きるとされています。

 

安静と疲労回復、ストレスの排除などによる治療が効果的です。聴神経腫瘍の場合の治療としては、手術を行うか放射線による治療ということになります。腫瘍の状態にもよりますが、良性の腫瘍ですから悪性腫瘍と違い転移の心配もないので、高齢になってからの場合は治療をしないケースもあります。

 

突発性難聴の耳鳴りの場合には、早い段階での治療が必要で、慢性化してしまってからでは完治しないので注意しましょう。

 

病気を伴う耳鳴りの場合、その病気の治療を行うことで耳鳴りの症状も治まるケースが一般的ですが、早期治療をしないと耳鳴りが治りにくいこともありますので注意が必要です。

耳鳴り解消